投稿者:

3/8 WordBench神戸 〜 テーマを使いこなすためのはじめの一歩

3月 9, 2014 (神戸)

2014/3/8のWordBench神戸のふりかえりです。
第32回 WordBench神戸勉強会 テーマを使いこなすためのはじめの一歩

参加人数は47名でした。
今回の勉強会は、WordPressのテーマにフォーカスし、テーマの構造の基礎やカスタマイズ、子テーマの作り方などを題材にしました。
 
IMG_1655
 
 

 

「1. WordPressの常識をくつがえす超簡単テーマ”doshirouto2014″を作ったのでこれでテーマを理解しよう!」

   by @uemera
WordPressを自分の好きなようにデザインしたい! と思ったけどどうやったらいいか分からない! デフォルトのテーマが難しすぎる! という方は多いと思います。そういう方のために、デフォルトテーマTwenty Fourteenを改造した超簡単テーマを作りました。
 

140309-0003
WordPressの常識をくつがえす超簡単テーマ doshirouto2014 を作ったのでこれでテーマを理解しよう!

 
 

「2 意外と知られていないけど、結構便利な子テーマについて」

   by @tshowhey
公式テーマTwenty Fourteenは結構カッコいいのでちょっといじって使ってみたいという方は多いのではないでしょうか? でも、WordPressの公式テーマって本体のバージョンアップとともにアップデートされることがあります。このとき、ユーザーが直接テーマファイルを書き換えていたら、そのファイルが上書きされてしまうことがあります。そうならないために、1つの解決方法として子テーマがあります。
安い案件の場合等、結構上手に使うと子テーマは便利に使えます。そんな子テーマの作り方を紹介します。
 

140309-0001
意外と知られていないけど結構便利な子テーマについて

 
 

「3 doshirouto2014のcssだけを改造して子テーマを作る、最速手抜きカスタマイズ」

   by @Next_Season
style.cssを改造してdoshirouto2014から派生した子テーマを作ります。
ブラウザーのデバッグ画面(インスペクタ)上で改造して、簡単にstyle.cssを書き換えてみます。

140309-0002
doshirouto2014のcssだけを改造して子テーマを作る、最速手抜きカスタマイズ (初級)

 
 

4. テーマカスタマイズに関するディスカッション

現在表示しているページが、どのテンプレートファイルを使って表示されているか知りたいときはありませんか?
そんなときに便利なプラグイン”Show Current Template”を紹介しました。
Show Current Template
 
また、WordPressの公式ではない、非公式で配布されているテーマを使うのは危険性が高いので気をつけましょう。
WordPressテーマをググって探すのは超ハイリスクなので気をつけよう!
 
 
 
 
[blog]
第32回 WordBench神戸勉強会 テーマを使いこなすためのはじめの一歩(前半)- エコテキブログ
第32回 WordBench神戸勉強会 テーマを使いこなすためのはじめの一歩(後半)- エコテキブログ
入門者に最適な、簡単すぎるWordPressテーマ”doshirouto2014″を作ったので配布します! 初心者はこれでテーマを理解しよう! うえむ日記

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ