投稿者:

4/12 WordBench神戸 〜 スニペットを共有しよう

4月 13, 2014 (神戸)

2014/4/12のWordBench神戸のふりかえりです。
第33回 WordBench神戸勉強会 – スニペットを共有しよう
IMG_17302
 
参加人数は29名でした。
 
 

スニペットってなんでしょう? ネットで調べたら以下の定義だそうです。

スニペットとは、一般的には「切れ端」「断片」という意味の英語である。IT用語としては、プログラミング言語の中で簡単に切り貼りして再利用できる部分のこと、または、検索エンジンによる検索結果の一部として表示される、Webページの要約文のことである。

スニペットとは – IT用語辞典 Weblio辞書
 
WordPressでの「スニペット」はこの解説の前者の部分です。
テーマの見た目をちょっと変えてみたり、「コメント欄を表示する/しない」などの機能はWordPressの標準機能としてあるので、管理画面から変更することが可能です。
 
しかし、
・標準機能では満たせない要件がある。
・プラグインを入れても解決できない要件がある。またはプラグインを入れたくない。
という事態に直面したな場合、WordPressの標準機能では実現することが出来ないので、自分で追加プログラムを書いて解決することになります。
 
特定のサイト1つに適用すればいいだけの専用のプログラムならば、他のサイトに使いまわす必要がないのでコードを保管する必要はないですが、
・別のサイトにも同じような機能を実装したい。
・この便利なコードをほかの人にも教えてあげたい。
 
という場合は、自分が書いたコードの断片を保管したり共有したりしますよね。
そのようなコードのかたまりを「スニペット」と言います。
スニペットは1行だけのコードの場合もありますし、数百行になることもあると思います。
コードの量や行数は関係ありません。
逆に、スニペットであるための必要条件として大事なことは
「再利用可能なこと」
です。特定の環境でないと動作しなかったり、かなり特殊な用途のため誰も使う人がいない場合などは、スニペットの意味があまり無いです。

そんな便利なスニペットをもくもく書いていこうというのが、今回の勉強会の趣旨です。
もくもくの結果、こんなスニペットが作られました。
「これは使えそう!便利!」と思うスニペットがあればどんどん使っちゃってください!

 
参加者のnendebさんより、スニペットが多く掲載されているサイトを紹介していただいています。こちらも参考にしてください。
WordPressのチュートリアルやスニペットサイト | WordPress 不動産プラグインで不動産ホームページ
 
 
 
[blog]
第33回 WordBench神戸勉強会 – スニペットを共有しよう
 
 
次回のWordBench神戸は2014/5/10です。
第34回 WordBench神戸勉強会 デザイン教えて君

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ