FAQ

WordPress とは直接関係のないイベントに WordBench の名義で出展することはできますか?

行動規範では WordPress コミュニティ運営イベントの原則に準拠するオフラインイベントへの出展者名義として WordBench の名称を使用することが認められています。従って、そのイベントが WordPress コミュニティ運営イベントの原則に準拠することが確実であるなら、WordBench の名義で出展することは可能です。わずかでも準拠しない可能性がある場合には、WordBench の名称を使わず別の名義での出展を検討してください。

このような規定を設けているのは、コミュニティの共有財産である WordBench のブランド価値を守るためです。今日、WordBench の名称を用いたイベントが WordPress コミュニティの価値観を体現するものとして認知され、特定企業の利益に偏らず、また安心して参加できるものとして一定の信頼を得ているのは、長年コミュニティの利益を第一に考え取り組んできた多くの人々の努力のたまものです。WordPress と直接関係のないイベントをすべて否定しているわけではありませんが、信頼を損ないかねない用途のためには WordBench の名称を利用して欲しくないのです。

WordBench のイベントにスポンサーをつけることには何か問題がありますか?

まず、本当にイベントにスポンサーが必要なのかよく考えてください。スポンサーなしでイベントを運営することが不可能ではないなら、スポンサーをつけないほうが好ましいでしょう。

イベントの会場としてオフィスの一部を提供してくれた企業に一言感謝を述べたとしてもそれだけで咎められるようなことはありません。しかし、イベントの時間から多くを割いてその企業の宣伝に使うようなことがあれば、それは行動規範が禁止している特定企業の利益を目的とした広報活動に該当します。

要するに、スポンサーをつけること自体に問題はありませんが、その見返りとして与えられる特典が大きくなれば、行動規範に違反していると見なされる可能性もまた大きくなるということです。

領収証を WordBench の名義で出しても構いませんか?

だめです。領収証は収益の発生する事業主体が発行するべきものです。WordBench はただのウェブサイトに過ぎません。ただのウェブサイトが領収証を発行するなど大変に不適切なことですので、やめてください。

それでもとにかく領収証が必要だと言われた場合はどうすればよいでしょうか。発行者の欄には支払いを受け取った個人の名前を書くのが多くの場合適切でしょう。正確な答えはお近くの税理士さんに相談して聞いてみてください。

WordBench と WordCamp には何か関係がありますか?

WordBench は、WordPress 日本語公式サイト運営チームにより運営される、基本的に日本国内のみをカバーする WordPress ユーザーコミュニティです。一方 WordCamp は、米国の非営利団体 WordPress Foundation がそのブランドを管理する、世界各地で催されるカンファレンスイベントです。

両者の間にとくに直接的な関係はありません。どちらも WordPress コミュニティのボランティアにより運営され、その目的を含めて多くの共通した特徴がみられますが、細かいレベルでは違いが多々あります。

一例を挙げると、WordBench のオフラインイベントを開催するためにとくに許可を得る必要はありませんが、WordCamp を開催するにあたっては WordCamp Foundation の承認を得る必要があり、また主催者となる人物はその日頃の言動まで含めたわりと厳しい基準にもとづいた評価を受けることになります。

もし WordCamp を開催したいと考えているなら、WordCamp の運営者向け情報を精査することをお勧めします。

WordPress のダッシュボードに WordBench のイベントが掲載されるのはどうしてですか?

WordPress 4.8 からダッシュボードに地域のイベント情報が掲載されるようになりました。ここにはコミュニティにより公式に承認された WordPress Meetup グループから得られたデータが掲載されます。

WordBench は全体で一個の WordPress Meetup グループとして承認を受けているため、WordBench の名称で行われるオフラインイベントは WordPress ダッシュボードに掲載される対象となります。

WordPress ダッシュボードへのイベント掲載を希望する場合は WordPress イベントカレンダーについての情報を参照してください。