「 セキュリティ」のアーカイブを表示中です。

投稿者: 高野直子

WordBench 東京3月勉強会「WordPress プラグイン祭り」

4月 19, 2017 (東京)

WordBench 東京では3月24日、ギークス株式会社さんにご提供いただいた「イベントスペース21cafe」にて勉強会を開催しました。

今回のトピックは「WordPress プラグイン祭り」!合計5名のプラグイン作者が登壇し、それぞれの体験から制作に役立つ話題を取り上げました。
スライドと簡単な概要をご紹介します。

ノンプログラマーのためのWordPressプラグイン作成超入門(Mignon Style)

WordBench 東京の現在のメインモデレーターの一人でもある Web デザイナー、Mignon Style(みにょんすたいる)さんは、MS Custom Login というプラグインを WordPress 公式プラグインディレクトリで公開されています。今回はプラグイン作成の初心者向けに、そもそも WordPress  のプラグインとは何をするものなのか、フィルターフックとアクションフックの違い、プラグインを作るために必要な情報の探し方などを説明してくれました。

これから WordPress プラグインを作り始める方は、ぜひスライドも一緒に見てみてください。

プラグイン作って儲かった話(中島 真洋)

続いて、中島真洋さんによる赤裸々なプラグインアドオン売上の話。中島さんは、WP CSV Exporter というプラグインの追加機能(カスタム投稿タイプの記事をエクスポートする)を Gumroad と Stores.jp 上で販売されています。海外向けの今後の戦略についても、グローバルに人気がある WordPress ならでは。この先の展開も楽しみです。

プラグインやっちまった小咄集(Toro_Unit)

続いて、長野県松本市で WordBench 長野のモデレーターも担当している Toro_Unit(占部 紘)さんの登壇。Custom Post Type Permalinks を始めとして数々のプラグインを公式ディレクトリで公開している彼ならではの、これまでに遭遇したさまざまな事件を披露してくれました。「やっちまった!」という失敗から学ぶことは成長していくために避けては通れない道かもしれませんが、同じような失敗を防ぐためのヒントを気づかせてくれるセッションでした。こういったプラグイン公開にまつわる注意ポイントが細かく聞けることは少ない気がするので、今後プラグインの公開を考えている方にはきっと参考になると思います。

たいへーん!とつぜん大規模サイトを作ることになった!複数サーバ対応プラグインの紹介(高橋 文樹)

高橋文樹さんのセッションは、大規模サイト・複数サーバー対応向けプラグインについて。どういったプラグインは心配なく使えるのか、逆に本番環境では動かなくなる可能性が高いプラグインはどんなものなのか、理由を交えて説明してくださいました。

高橋さんがこの時に告知していた ionic と WP REST API でモバイルアプリを作る、wpionic.tokyo 勉強会も現在始動していますので、気になる方はイベントをフォローしてみましょう。

危険なWordPressプラグインの作り方(菱川 拓郎)

資料リンク

トリを務めたのは菱川 (hissy) さん。最近 WordPress ユーザーの間でも今まで以上に注目のトピックであるセキュリティは、プラグイン制作者としてももう一度きちんと理解しておきたい分野なのではないでしょうか。菱川さんのセッションでは、危険性が潜んでしまいがちなポイント、「面倒がらず正しい方法できちんとやる」という心構え、そして自己チェックに便利なツールの紹介がありました。

WordPress の作法に従った正しい方法を学ぶために、セッションの最後でも紹介があった彼の共著、「エンジニアのためのWordPress開発入門」も手に取ってみてはいかがでしょうか。


この勉強会については、ギークスマガジンさんにも「プラグインに関するLT大会!WordPressプラグインの作り方から、本当にあった恐い話まで」というレポート記事を掲載していただいていました。ありがとうございます!

ご来場いただいた皆さんも、どうもありがとうございました!

ツールバーへスキップ