「 男木島」のアーカイブを表示中です。

投稿者: nukaga junko

第1回 WordBench 男木島「Global WordPress Translation Day」振り返りレポート

5月 29, 2016 (イベント)

2016年4月24日。Global WordPress Translation Day にあわせて、第1回WordBench 男木島 を開催しました。

Team Ogi island, Japan on #wptranslationday at Ogijima library 😀

A photo posted by Shinichi Nishikawa (@shinichinishikawa) on

「Global WordPress Translation Day」に参加しよう!—WordBench.org
第1回 WordBench 男木島「Global WordPress Translation Day」 募集ページ

10時に会場となる男木島図書館に集合して、まずは高野直子さんの「Translating WordPress to Japanese」をみながら予習。
その時の放送の録画はこちらから見れます。
こちらの放送はWebのリアル放送なので、放送中にも質問を投稿してやりとりすることができました。
WordBench 男木島に参加していた Jean-Christophe Helary さんからの質問が2点。
・Poedit から GlotPress へのインポートができるのかどうか
 →PTE/GTE は、ページ左下のインポートリンクから PO/MO ファイルをインポートできます。
・翻訳メモリが使えないというのは、過去翻訳を参照するのはどうしたらいい?
→GlotPress にあるのは自動的に過去翻訳を Fuzzy として提案する機能だけで、これが起こるタイミングは自分では指定できません。なので、過去翻訳が手元にあれば(過去のバージョンの PO/MO ファイルなど)、Poedit の翻訳メモリにそれを読み込ませて使うのが最善かと思います。

回答してくださっているのは直子さんなのですが、Jeanさんはこの後 WordPress の公式 Slack にても、オープンソースの翻訳者がもっと WordPressに関わりやすくするためのサイトの導線を提案されていたりしました。

さてさて、放送後はそれぞれ翻訳を進めましょうとなり、各各テーマやプラグインの翻訳を進めていきました。現在日本の WordPress の翻訳はコアは安定して行われているけれど、テーマやプラグインは足りないぞということもあり、そちらがメイン。テーマやプラグインの翻訳が GlotPress に切り替わったこともあり、翻訳作業のハードルは下がったように感じます。
・翻訳の始め方—WordPress.org

参加者の本田さんは翻訳していたプラグインの PTE(Project Translation Editor)になったりと活躍。
みんなでたくさん翻訳できました。

この Global WordPress Translation Day のまとめが WordPress.org に Petyaさんにより投稿されていました。
・Global WordPress Translation Day – recap & results
日本はカナダ英語、タイ語に引き続き3番目の翻訳数だったそうです。合計2922文字列!

WordBench男木島では定期的に活動していきたいなと思っています。
というわけで、本日は「初心者向けいろいろ」、8月にはWordBench男木島夏合宿(申し込みは6月末まで)を行います。

ツールバーへスキップ